セラミックのデメリット|吉祥寺アイ歯科

ネット予約はこちら

セラミックのデメリット|吉祥寺アイ歯科

セラミックのデメリット|吉祥寺アイ歯科

2021/04/10

おはようございます。吉祥寺アイ歯科です。

セラミックのデメリットとは・・・・

①治療費が高い

保険治療は3割負担で、限られた材料で行うのに対して、セラミック治療は保険は全額負担で、材料も最良のものを使用するため比較すると高価になります。

②歯より硬い

歯より硬いため、場合によっては反対側の歯が削れてしまうことがあります。

③歯を削る

そもそも被せ物が入っている歯であれば、この心配はありませんが、一から被せるために削るとなるとかなりの量を削ります。場合によっては神経の治療を伴わなければならないです。

③割れる

通常の使い方であればそう簡単に割れることはありませんが、歯で蓋を外したなど過度に力が加わると割れやすいです。また歯ぎしり食いしばり、また噛む力が強い方も割れるリスクは高まります。

④色について

セラミックは歯に比べてほとんど変色しません。なので、10数年経った時に色が合わなくなっていたり、逆にホワイトニングをすると色の差がでたりします。

セラミックのメリットへ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。